便利な運行管理方法

デジタルタコグラフで運行管理ができます

デジタルタコグラフによって運行者の運行履歴を収集することで、急発信や急ブレーキの特徴を確認できます。安全管理のために、個々の運転者にあったアドバイスを与えることができます。企業の営業車に装着することで、営業マンの訪問先を管理することが可能です。また、車載カメラと組み合わせることで、万一の事故の際の映像を記録として残すことができます。営業マンやトラックの運転手は、デジタルタコグラフの記録を利用するため、毎日行っていた運行日誌の記入の手間がなくなります。また、総務担当者が行う車両に関する管理も必要なくなり、本業に注力することができます。

機器の導入費用について

デジタルタコグラフの導入費用ですが、導入する機器の種類によって異なります。また、取り付け工賃や導入数でも増減します。一般的には、機器代金と工賃を含め一車両あたり20万円の初期費用と、毎月1000円ほどの管理費用が発生します。初期投資を繰延するため、デジタルタコグラフのリースによる導入も行われています。リースで導入する際の費用は月額4000円ほどになります。車両自体のリースと合わせて行うケースが増えています。デジタルタコグラフの導入により、安全運転の推進による交通事故の削減が図ることができるほか、事務管理の面でも今まで必要だった作業が不要になり、経理面での数字に表れない費用を削減することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加